P&Mオイリングサービスが潤滑管理や漏洩油検査、ドライアイス洗浄やアニロックスローラーなど、印刷機械メンテナンスサービスを展開しています。

  • P&M オイリングサービスとは
  • 取り扱いサービス
  • メンテナンスで業務効率 UP
  • 動画でわかる洗浄作業
  • 会社案内

取り扱いサービス

一覧へ戻る

潤滑管理作業

 管理コースには機器の状況に応じて3つのコースがあります。
貴社の実情に合わせた管理コースを選択し、安全な機械の保守管理、
トラブルの事前防止にお役立てください。

Aコース

比較的きれいな場合に行うコースです。印刷ユニットの下側カバーのみを開け、タンク底部の汚染物を除去するオイル交換管理方式です。
機械予防保全として大切な異常損傷部、落下物、給油不良部等の内部点検が充分にできないという難点があります。

Bコース

印刷ユニットの内部点検に重点を置いて行うオイル交換管理方式。ユニット内部に残留している金属磨耗粉、紙粉、スプレー粉、その他の夾雑物を完全に除去します。完全予防保全としての効果がより発揮されます。

Cコース

Bコースを実施し、かつ循環用フラッシングオイルを投入して、循環給油系統を洗浄することにより、 オイルパイプ内、軸受け油溝、油穴、歯面の汚れ、金属磨耗粉等を完全に除去するオイル交換管理方式です。
新台搬入時の初期磨耗粉の混入や、異常金属磨耗粉の混入時など著しいオイルの汚染劣化が見受けられ、機械性能維持に悪影響、危険性があると思われたときに実施されるオイル交換管理方式です。

潤滑管理作業の手順

STEP1
まずは工場長様等から機械に対する注意や問題点を伺ったり、油浸入厳禁個所に対する適切な対処を行ったりして、作業に入るための準備を行います。

STEP2

各コースに応じて必要なカバーを取り外し、機器内の点検、洗浄を行えるようにします。

STEP3

内部の点検を行います。異常磨耗個所、損傷個所、ボルトやナットの緩み、異常落下物などを点検します。

STEP4

各本体の独立ギヤボックス、ポンプ油等の潤滑油を抜き取ります。

STEP5

各部のフラッシングを行います。各部に付着している外部から侵入した汚染夾雑物、スラッジ、金属磨耗粉等、また油穴、オイルパイプを詰まらせている汚れを、エンジンクリーナーで洗浄し除去します。

STEP6

汚染物を最大限除去します。印刷障害を発生させる要因となる汚れを、できる限り取り除き、良好な潤滑状態を維持させます。

STEP7

循環フラッシングを実施します。新油を充填する前に、フラッシングオイルを数時間循環させ、オイルケース内を清掃します。

STEP8

ケース内のギヤ部、ベアリング部等にクリーニングオイルを噴霧し、残留した洗油を洗い流し、油膜をつくります。

STEP9

新油をオイルタンクに充填させます。

STEP10

給油パイプの詰まり、破損、位置の異常が無いかをチェックし、異常があれば修正します。

STEP11

各カバーに適切なボンドを塗布し、油漏れの無いように取り付け、機械周辺の油垂れを拭き取ります。

STEP11

オイル管理を実施した個所には管理ステッカーを貼付。また各潤滑油使用部位の適油、次回の潤滑管理推薦時期を記載した定期管理表を、給紙部に貼付します。

STEP13

作業完了後には作業内容を報告し、お客様ご自身にも作業実施個所の再確認をお願いして終了となります。

一覧へ戻る

Page top

漏洩油検査作業

検査漏洩油の対策は厄介ですが、無駄な経費や危険、印刷障害など、各種トラブル発生の原因となります。満足のいくサービス提供を続けるためには、適切な対処をしなければなりません。

正確な漏洩個所を発見し対策を講じるには、漏洩検査剤を現行使用オイルに10%程度投入し、紫外線ライトを照射します。するとすでに漏洩していたオイルは紫色に、漏洩検査剤投入後の漏洩オイルは黄色の蛍光色へと変化し、明確に区別できます。こうして漏洩個所を確実に指定します。

オイル漏れは30滴で約1ccとなります。
これを年間で考えると

・10秒で1滴でも  150リットル ・5秒で1滴だと 300リットル ・1秒で1滴だと 4800リットル  ・糸のように流れ時々切れる 32600リットル ・糸のように流れ続ける 116800リットル

このように少量のオイル漏れが数箇所あったとしたならば、年間の無駄な使用量は莫大なものになります。
経費削減の観点から、漏洩にお気づきになった時点での、検査と対策をご推奨いたします。
また火災等、安全衛生の面からも、適切な対処が必要です。

一覧へ戻る

Page top

ドライアイス洗浄作業

今までの機械清掃は、洗油・トリクレン・剥離剤・スクレーパー・ブラシ・ハツリ・エアーガンなど人手と時間を多くかけ実施していたのが大半です。清掃は大事なことだとわかっていても、誰もが嫌がり、即座に生産性に結びつくことが明確に現れないため、そのままになっているのが現状です。しかし、ヨーロッパにおいてはドライアイスによる機械のお手入れは定着しその効果を上げています。

洗浄前洗浄後

当社の提供する印刷機械洗浄サービス「PM式ドライアイスブラスティング清掃整備システム」は、実績と信頼に基づいた、当社オリジナルの洗浄システムです。
環境先進国であるヨーロッパでは印刷機械のみならず、機械洗浄にはドライアイスを使用しております。各種溶剤使用による環境負荷や、作業人員の削減、作業時間の短縮を考慮した結果です。印刷機械も例に漏れずに、「DIB(ドライアイスブラスト)洗浄」が行われており、日本国内でも「DIB洗浄」が実施されるようになりました。お客様の中にも、知り合いの同業者から「やったよ」と聞いた方もいらっしゃるかと思います。

DIB(ドライアイスブラスト)洗浄DIB(ドライアイスブラスト)洗浄

しかし、「印刷機械」は非常に複雑な「精密機械」でもあります。単なる清掃という視点から作業した結果、印刷機械トラブルに見舞われることもしばしばあります。当社は印刷機械のメンテナンス業務に特化しており、豊富な作業経験に裏打ちされた注意箇所の把握・知識の積み重ねには自信を持っております。印刷産業・印刷機械の特性を理解した上でのメンテナンスサービスをご提供しておりますので、安心してご依頼ください。

また、最近ではお客様のご要望でアニッロクスローラーに付着しているニスを除去するため、ドライアイスによる洗浄も行っております。

創業以来四半世紀の経験に基づいた作業ノウハウ、各社・メーカー様よりの信頼、豊富な作業ツールを駆使・併用しての「PM式ドライアイスブラスティング清掃整備システム」は、設備管理において、貴社のお役に立てると確信しております。

一覧へ戻る

Page top

PMオイルクリーニング

PMオイルクリーニングPMオイルクリーニング装置は高性能フィルターを使用して、オイルの中に混入した素粒子と2ミクロン以下の金属磨耗粉、水分、夾雑物等を的確に除去する社独自のシステムです。
オイル管理の大切さを理解しているものの、機械を定期的に止めて管理ができない場合に最適です。

例えば、水の混入や異状磨耗発生等で機械が止められない緊急時や新台時に発生する初期金属磨耗粉、組み立て時の汚染物侵入等、大切な除去対策時などに威力を発揮します。

また、今まで実施していたオイル交換のコスト以下でできますので、より効果的な管理が可能です。環境問題対策、資源の有効利用、オイルを不用意に破棄しない、廃油処理を最小限に抑えるといったことができます。

作業工程は次の通りです。

STEP1

ドレンコックよりオイルを抜き取る(最初に出た水、汚染油は廃棄)

STEP1

濾過前のサンプリングテスト

STEP1

ヘドロ油を除去し、安定したら第一濾過を開始、約3パスする

STEP1

第二濾過に切り替え、約2パスを行う

STEP1

濾過後のサンプリングテスト

STEP1

濾過機フィルター、ラインフィルター交換、清掃

STEP1

濾過終了後、不足油補充

STEP1

サンプル油及び報告書の提出

一覧へ戻る

Page top

P&Mオイリングサービス株式会社 埼玉県戸田市美女木3-8-13 TEL:048-449-8560 FAX:048-449-8561

お問い合わせ

メンテナンスのメリットとは?

動画でわかる洗浄作業 当社のメンテナンスは単なる オイル交換だけではありません。様々な洗浄方法について、動画で詳しくご紹介します。動画で見てみる

P&Mオイリングサービス株式会社 埼玉県戸田市美女木3-8-13 TEL:048-449-8560 FAX:048-449-8561 当社は 30 年以上の歴史をもつ印刷機器の総合メンテナンス会社です。 潤滑油管理にとどまらず、印刷機器管理に関する様々なサービスを提供しております。 印刷機器の保守管理のことなら当社にお任せください。

お問い合わせ

アクセスマップ